トルコリラに投資する意欲を

トルコリラへの投資を実行する人は、様々な目的を持っています。資産運用をする時は、その目的などについて考えることが大切です。

トルコリラと言う通貨の魅力について

日本円を銀行に預けて順調に増える時代はすでに終わりました。マイナス金利に突入した現在では、預金を聞く増やしていくためには外貨預金と呼ばれる一定のリスクのある選択肢を検討する人も増えてきています。

トルコリラと投資戦略

通貨取引をする時は、上手く戦略を立てる必要もあります。戦略的な投資を実行するには、関連するデータが必要になります。 トルコリラに投資をする人は、とても多いです。トルコリラは金利が高めである特徴もあります。トルコリラに投資をする時は、トルコの物価の変動を知ることも大切になります。物価の上昇率が高いと、その国の通貨は下落することもあります。物価のデータを見ることで、為替レートの予測をすることもできます。 為替レートを見る時は、様々な人の思惑を考える必要があります。投機的な取引が多い為替相場では、参加者の心理状態を考えることが重要になります。トルコリラはトルコの政治経済状況によって、大きく変動することがあります。為替取引は様々な駆け引きによって成り立っています。 どのような人がどのような戦略を持って、為替相場に参戦しているかを知ることは、とても大切です。外国為替取引の取引量は、様々な理由で変動していきます。低金利の時代は様々な金融商品の取引量が増える傾向があります。外国為替の相場を見る時は、金利の変化に注目する必要があります。投機的なマネーがどの金融商品に向かっているかを知ることも、投資で利益を得る上でとても大切になります。トルコリラは様々な理由で人気となることがあります。トルコの経済が好調な時や政治状況の変化があった時に、取引量が大きく増えることもあります。様々な変動に敏感になることで、投資で高い利益を狙っていくことができます。

トルコリラを扱う方法について

近年になって外貨預金等を利用して資産形成を考える人が増えてきています。 日本円を銀行に預けてもほとんど触れなくなったと言う影響もあり、多少のリスクを覚悟してでも資産を膨らませて行こうと外貨預金に挑戦する人が増えてきているのです。人気が高いのは金利が高く利息が多く付く通貨であると考えられていますが、トルコリラなどはその条件に合致する通貨として人気を集めています。トルコリラのような外貨を運用するためにはいくつかの方法が存在しています。最もスタンダードなのは銀行に外貨預金のための口座を開設し、その仕組みを利用して運用をすると言う方法です。日本円を外貨に両替するのに手数料を必要としますが、しっかりと利息をもらいたいのであればオススメすることができるサービスです。手数料を無料にするキャンペーンや、外貨の定期預金など魅力的なサービスが数多く存在しています。 トルコリラを運用するもう一つの方法の1つがFXと呼ばれる方法です。これはFXと呼ばれるサービスを利用する方法であり、専用口座を開設して一定の色を払い込むことからスタートします。外国為替証拠金取引とも呼ばれるFXでは、預け入れた資金以上の運用が可能であるため、大きなお金を持っていない人でも高い成果をあげることができる仕組みを持っている金融サービスとして注目を集めています。外貨預金に比べていつでも好きなときに取引を行うことができるという柔軟さも人気の秘密です。これら2種類のサービスにはそれぞれのメリットとデメリットが存在しています。そのためつの特徴を十分に把握して自分にぴったり合った仕組みを選択するのが良いでしょう。絶対にこちらの方が良いと言うものでは無いのです。

トルコリラをFXで運用するメリット

高い金利が人気のトルコリラですが、その運用方法にはいくつかの方法が存在しています。 その中の1つに外国為替証拠金取引と呼ばれるFXを利用する方法があります。この方法を選択する場合には少ない資金で大きな利益を得ることができるチャンスが広がると言う点が最大のメリットとなっています。このメリットは証拠金取引であると言う点が大きな魅力につながっています。 現在の制度上では最大で払い込んだ資金の25倍の運用することができるため、10万円をFX業者に払い込めば250万円分の運用することができるのです。そのため少ない資金で大きな資金を使ったのと同じだけの利益を得ることができます。この点が大きな魅力と考えられているのです。 しかしながらこの証拠金取引の仕組みは創出にも影響しますので、トルコリラが日本円に対して大幅に下落する為替相場になった場合には、利息がついても損失が発生する場合もあるのです。この場合の損失も最大で25倍となるため非常にハイリスクハイリターンな運用方法であるといえます。しかしながらトルコリラを運用するにあたって為替相場の変動を無視することはできません。外貨預金の場合には多少の変動で決済するという事は基本的にできないのですが、FXの場合には比較的こまめな決済がしやすいという特徴を持っています。そのため大きな社会的な影響による変動が生じた場合などに、比較的速やかに対応することが出来るのもFXの魅力の1つです。

FX取引の際のトルコリラの魅力について

FX取引の際の利益の出し方は価値が今後上がりそうな通貨を上がる時に購入してその通貨の価値が高い時に売れば利益を出す事ができます。 例えば、日本円を100円の時に買って日本円を120円の時に売れば20円の利益になります。また、通貨というのは政策金利の金利による利益を生む事ができます。因みに、日本円の政策金利は2016年1月から11月実績で0.1%です。トルコリラの通貨の価値が上がり始めに買ってトルコリラの通貨の価値が高い時に売れば、その分だけの差額がFX取引での利益になります。 また、その場合に当然政策金利による分の利益も貰えます。トルコリラの政策金利はとても高い金利水準です。トルコリラの政策金利は2016年1月から10月まで7.5%で、11月には8%になっています。また、FX取引にはレバレッジという制度があり自分の資金の何倍何十倍の額の通貨取引が行えます。 当該レバレッジ制度を利用すれば前述しました、FX取引の際の利益を何倍にも何十倍にもする事も可能です。また、FX取引においては、ロスカットという制度があります。ロスカットとは、投資家の損失が一定水準に達した場合に、自分の持っている通貨が強制決済されるというものです。トルコリラ通貨の運用の際にFX取引のロスカット制度を利用すれば、マーケットの急変時に多額の損失を防ぐ事もできます。FX取引のマーケットは24時間動いているので、ロスカット制度を利用すれば、多額の損失を防ぐ事ができます。

トルコリラの最近の為替相場状況

ここのところ、トルコリラの為替相場は低迷を続けており、トルコリラは対米ドルで史上最安値の水準となっているようです。 ただ、一方で日本円が米ドルに対してだいぶ安くなってきていますので、日本からみるとトルコリラの為替相場は、以前と変わりのない水準を保っているようにみえます。これは、次期アメリカ大統領の景気刺激策によって、アメリカの金利がこれからは長期的に上昇トレンドに入るだろうとみられていることや、12月のFOMCによる利上げが確実視される中で、資金が新興国からアメリカへと還流しはじめていることによるものです。 新興国通貨の中でも最も値下がりしているのはメキシコ・ペソですが、これは次期アメリカ大統領のメキシコに対する過激な発言によるところが大きいと言えます。そして、メキシコ・ペソの次に下落幅が大きいのが、トルコリラとなっているわけです。 では、なぜ新興国からアメリカへと投資資金が還流しているのかと言いますと、今までは先進国の金利が低すぎて、多少リスクが高くても金利の高い新興国通貨へとお金が向かっていたのですが、先進国のアメリカでそこそこの金利収入が得られるということになり、それではわざわざリスクの高い新興国に投資をしなくても、リスクの低いアメリカに投資をしておけばよいという方向に流れが変わったからであると言えます。ただ、トルコリラには、ブラジルレアルやロシア・ルーブルと並んで高金利通貨であるという魅力があります。

豪ドル・ブラジルレアル・トルコリラの最近の為替相場

投資家に人気のある通貨として、豪ドルとブラジルレアル、それにトルコリラがありますので、これら3つの通貨を比較してみることにしましょう。 まず、豪ドルはいちおう分類上は先進国通貨となっていますから、ブラジルレアルやトルコリラに比べてリスクの低い通貨であると考えられています。また、オーストラリアの財政状態も非常に健全なものとなっていますので、豪ドルの格付けは米ドルや日本円よりも高いものとなっています。 一方、ブラジルレアルという通貨の特徴は、その高い金利水準にあると言えます。すなわち、ブラジルの金利は約12パーセントであるのに対し、トルコリラの金利は約8パーセント、オーストラリアの金利は約2パーセントです。ですから、豪ドルのメリットは、リスクの低い先進国の中では最も高い金利収入が得られるという点にあるわけですが、新興国も含めた金利水準ということになりますと、ブラジルレアルやトルコリラに比べてかなり見劣りがするものであると言えます。 しかし、ブラジルレアルの為替相場は昨年暴落しましたので、このような大きな為替変動は豪ドルの場合には起こりにくいと言えるのかもしれません。トルコリラは、豪ドルとブラジルレアルの中間の位置にある通貨であると考えられますが、最近は豪ドルやブラジルレアルに比べて相場が低迷しているようです。これは、ブラジルレアルが昨年暴落して、さすがにこれ以上値下がりすることはないであろうレベルになっているからと言えるかもしれません。

トルコリラが高金利である理由

トルコリラは高金利通貨であることをアピールしているFX会社があるように、先進国と比べて、かなり高い金利といえます。 トルコの過去10年の政策金利を見ても、最低が4.5%で最高が15%を超えています。FXのトルコリラ円を1万単位で購入すると、1日当たりのスワップ金利が100円以上となるFX会社もあります。先進国の金融政策から考えると、景気が悪い時には金利が下がり、景気が良い時には金利が上がるので、トルコは景気がとても良いかというと、そうではありません。 トルコはイスラム過激派組織ISILの拠点に近く、2016年7月にはクーデター未遂事件が起こったように、地政学的リスクと政治的不透明感の大きなマイナス要因があります。また、アメリカのFRBが緩やかな利上げ政策を行っていることから、ドル買いトルコリラ売りにつながっています。 その結果、トルコリラ安を招くことになり、ここ数年の消費者物価指数は前年同月比で7%から9%という高いインフレが続いており、経済状況が悪いといえます。景気が悪い時には借り入れコストを下げるため、政策金利を下げる政策をとらなければいけませんが、政策金利を下げると、トルコリラ安から、高いインフレにつながるので、政策金利を下げたくても、下げれないため高金利が続いています。トルコが健全な経済状況になるには、地政学的リスクと政治的不透明感を解消しなければ、中央銀行の金融政策だけでは難しいといえます。

トルコリラの2016年の動き

トルコリラは、2016年10月から12月では、32円~34円のあたりを推移しています。 2016年の1月時点では40円を超えていましたが、7月には35円のあたりまで下落して、さらに12月現在には32円台にまで落ちています。このまま行くと、2017年には20円台にまで落ちることが予想されます。これだけのスピードで価値が下落していると、スワップポイントによる利益が入ってきたとしても、損失のほうが上回ります。そのため、スワップポイントが目当てでトルコリラの取引をしようとしている人は、為替差損のほうが大きくなる可能性についても考慮して、取引を開始しましょう。 トルコリラ円取引は、スプレッドの幅が広いため、短期投資には向いていません。1万通貨、1回あたりの取引で、1500円以上の手数料がかかってくることもあります。もしもスプレッドの幅がもっと低ければ、短期投資で「売り」を繰り返して利益を得るという手法が使えそうですが、スプレッドの幅が広いため、この手法を使うことは現実的ではありません。また、長期投資をするなら、スワップポイントがネックとなります。トルコリラを保有していれば、スワップポイントによる利益が入ってきますが、「売り」をしている場合には、逆にスワップポイントが損失となってしまいます。このまま価値が下がり続けるなら、大きな利益を得られる可能性もありますが、価値が上昇してしまう可能性もあるため、リスクは高めです。トルコリラ取引をするなら慎重に行いましょう。